岡本眼科が導入している最新の医療機器

眼科用ナノ秒パルスYAGレーザー

白内障手術 岡本眼科 天正寺 富山

眼科用ナノ秒パルスYAGレーザーは、飛蚊症治療に用いるレーザーです

硝子体の濁りにYAGレーザーという特殊なレーザー光線を当て、浮遊物を分散させることにより症状を軽減させます。レーザー治療なので、メスや器具で眼に直接触れることもなく、痛みもほとんどありません。治療は外来で行います。

OCT(optical coherence tomography)

白内障手術 岡本眼科 天正寺 富山

OCTは眼の奥にある網膜の断層画像を撮影する機械です。

当院ではNIDEK社製RS-3000 Advanceを導入しています。
RS-3000 Advanceは短時間で網膜の形状・状態を把握することができ、わずかな変化さえ検出できます。 「緑内障」「加齢黄斑変性症」「網膜中心静脈閉塞症」「糖尿病網膜症」などの早期発見・診断・治療に不可欠な検査機器です。検査は機械の窓をのぞくだけの非接触で、痛みもありません。

加齢黄斑変性症 岡本眼科 天正寺 富山 糖尿病網膜症 岡本眼科 天正寺 富山

光学式眼軸長測定装置 OA-2000

光学式眼軸長測定装置OA-2000は、白内障手術に必要な眼軸長や角膜形状などの測定を眼に触れることなく短時間で測定する最新の白内障手術検査装置です。

白内障手術後に良好な視力を得るためには、精度の高い眼軸長値と眼内レンズの度数計算が重要です。
OA-2000は、従来の検査装置では測定が困難であった強い水晶体混濁のある眼に対しても、混濁部位を避けて計測する技術により測定率が大幅に向上し、適切な眼内レンズ度数を敏速に算出することができます。
また、レーシックを受けた後の特殊な角膜形状にも対応できる計算式も装備しています。
※当院は最新の計算式「Barrett式」を導入しています。

白内障手術装置「センチュリオン ビジョン システム」

 業界初、灌流制御システム搭載により、瞬時に灌流液の量や圧を変化させ、手術中の眼内空間を安定的に確保することができるようになり、手術の安全性が格段に高まりました。

 従来までの縦方向のみの超音波発振に、横方向の超音波発振を加えたことで、効率よく水晶体を破砕することができるようになりました。

 手術の切開幅を世界最小サイズで行えますので、手術後の炎症、乱視化、感染を抑えます。

VERION(ベリオン)

「VERION」は、白内障手術の精度と再現性を高める「イメージガイドシステム」です。

白内障手術 岡本眼科 天正寺 富山

手術前に精度の高い検査を行い、眼内レンズ度数計算や乱視矯正プランニングを行います。手術中は眼球回旋や眼の動きをトラッキングし、術前に計画した切開位置・ 前嚢切開位置、眼内レンズ中心固定位置、乱視軸を顕微鏡下とモニタにデジタルマーカーで表示します。
このシステムの導入により誤差のない精度の高い手術ができるようになります。

ORA システム★富山県内では当院が初めて導入

白内障手術 岡本眼科 天正寺 富山

「ORA システム」は、白内障手術での最適な眼内レンズ度数および固定位置が選択できる「術中波面収差解析装置」です。

手術中リアルタイムで主要な測定値を表示し眼球全体の屈折度数を評価、また眼内レンズの 固定位置を1度単位で検証しますので、手術での切開や水晶体除去などの眼の状態変化に よる誤差を修正し、最適な眼内レンズ度数および固定位置を選択できます。

「涙道内視鏡・鼻内視鏡」

「涙道内視鏡・鼻内視鏡」を用いて涙の通り道を直接観することで、閉塞部位、状況、結石の有無など、これまでの検査ではわからなかったが詳細に検査できるようになりました。

TOPへ