岡本眼科が導入している最新の医療機器

ARGOS® with image guidanceby Alcon 

岡本眼科 北陸で初の白内障手術用「LenSx®眼科用レーザー手術装置」

ARGOS®は、従来のVERION™の手術計画作成サポート機能に生体計測機能を統合させることで、1台でよりシームレスかつ精度の高い白内障手術前の検査・計画が可能になります。

ARGOS® は術後屈折精度を向上させるために区分屈折率を用いたセグメント方式で眼軸長を計測します。これにより、精度の高い眼軸長データの計測が可能になり、さらなる精度の向上が期待されます。 また眼軸長を含む生体計測の測定速度が早く、測定結果がばらつくリスクを軽減しますので、手術プランニングの精度が向上します。

LenSx®眼科用レーザー手術装置

岡本眼科 北陸で初の白内障手術用「LenSx®眼科用レーザー手術装置」

国内初承認の白内障手術用レーザー装置 「LenSx®」

白内障手術用レーザー装置 「LenSx®」は、フェムトセカンドレーザーと呼ばれるレーザーを的確にコントロールしながら、従来は人の手に頼らざるを得なかった白内障手術における難易度の高い過程を、正確かつ最適に行えるようにしました。
フェムトセカンド(フェムト秒)とは、1000兆分の1秒を意味し、レーザー照射によってミクロンレベルの精度と均質性を実現します。これまで術者の技量や経験に依存していた以下の行程を本製品による手技に置き換えることで、手術のさらなる効率化と精度の向上をもたらします。

眼科用レーザー手術装置について

白内障手術装置「CENTURION® Vision System with ACTIVE SENTRY® Handpiece」

当院は、従来の「CENTURION® Vision System 」をより進化させた、最新の白内障手術装置「CENTURION® Vision System with ACTIVE SENTRY® Handpiece」を2020年1月、富山県で初めて導入しました。

「CENTURION® Vision System with ACTIVE SENTRY® Handpiece」は、灌流圧センサーを内蔵したハンドピースが、眼圧の変動をいち早くより正確に検知し、灌流液の注入量を自動調整することで、眼内圧を一定に保ちますので、破嚢や合併症が起こるリスクを軽減し、より安全で安定した手術が行えます。

白内障手術装置「CENTURION® Vision System with ACTIVE SENTRY® Handpiece」について

ORA SYSTEM™ with VerifEye™ Lynk 

白内障手術 岡本眼科 天正寺 富山 これまで独立した診断機として運用していたVerion™(イメージガイドシステム)ORA system™(術中波面収差解析装置)間のデータ共有が可能になり、Verion™のイメージ画像から眼球回旋を考慮したORA system™での術中検証を実現させることにより、更なる手術精度の向上が期待できます。 ORA SYSTEM™ は、術中リアルタイムで眼の状況を分析、そのデータと世界中から集められたデータベースの結果をもとに最適な眼内レンズを選択し、固定位置、トーリック軸を正確におさえることができます。わずかな差を極限まで減らすことで、術後の見え方の満足度をさらに高めることができます。

眼科用ナノ秒パルスYAGレーザー

白内障手術 岡本眼科 天正寺 富山

眼科用ナノ秒パルスYAGレーザーは、飛蚊症治療に用いるレーザーです

硝子体の濁りにYAGレーザーという特殊なレーザー光線を当て、浮遊物を分散させることにより症状を軽減させます。レーザー治療なので、メスや器具で眼に直接触れることもなく、痛みもほとんどありません。治療は外来で行います。

OCT(optical coherence tomography)

白内障手術 岡本眼科 天正寺 富山

OCTは眼の奥にある網膜の断層画像を撮影する機械です。

当院ではNIDEK社製RS-3000 Advanceを導入しています。
RS-3000 Advanceは短時間で網膜の形状・状態を把握することができ、わずかな変化さえ検出できます。 「緑内障」「加齢黄斑変性症」「網膜中心静脈閉塞症」「糖尿病網膜症」などの早期発見・診断・治療に不可欠な検査機器です。検査は機械の窓をのぞくだけの非接触で、痛みもありません。

加齢黄斑変性症 岡本眼科 天正寺 富山 糖尿病網膜症 岡本眼科 天正寺 富山

「涙道内視鏡・鼻内視鏡」

「涙道内視鏡・鼻内視鏡」を用いて涙の通り道を直接観することで、閉塞部位、状況、結石の有無など、これまでの検査ではわからなかったが詳細に検査できるようになりました。

ルミナスM22 IPLシステム

岡本眼科 マイボーム腺機能不全ドライアイ(MGD)治療

マイボーム腺機能不全ドライアイ(MGD)治療として【ルミナスM22 IPLシステム】を導入しています。 治療は「IPL」と呼ばれる特殊な光を、下眼瞼下部に照射します。 皮膚深部まで届いた光が、マイボーム腺周辺の組織や毛細血管に作用し、マイボーム腺から出る油の質を改善させる効果が期待されている最新の治療です。

TOPへ